みなさんよく上司や会社にモチベーションはなんだ?なんてこと言われたりモチベーションは高くもてなんて言われたことありませんか?

汚い言葉を使って申し訳ないですが

はっきり言ってモチベーションなんてクソです。(笑)

今日はモチベーションの上げ方?上がらない?

いやいやそんなんイラン。っていうお話を。

成長の継続にモチベーションは邪魔

モチベーションが上がりません。モチベーションが続きません。

一回は誰もが口にしたことがあるのではないでしょうか?

結論から言うとまずモチベーションを捨ててください。

モチベーションを捨ててモチベーション関係なく自分が動ける

前回も少し触れた仕組み化/マニュアルを作ることが大切です。

例えば、コンビニのおばちゃんはレジ打ち、品出しをしますがモチベーションが関係ありますか?

コンビニのおばちゃんはモチベーションが高かろうが低かろうがレジ打ちも品出しもします。

これは働かないといけないというのもありますが

コンビニのマリュアルがしっかりしているからです。

これが仕組み化です。

この仕組みさえ構築できればモチベーションが云々なんてことにはなりません。

よく上司と飲みに行ってお前はモチベーションが高く将来有望だなんて言われ褒められてもその日に帰宅し、彼女と喧嘩や親と喧嘩するとモチベーションなんて次の日には一気に下がります。

だからモチベーションなんてクソなんです。

人間そんなもんです。

その時の出来事、イベントでモチベーションなんてものは一気に急降下するものなのです。

それを頑張って上げる、上げようとするというマインドそのものが間違っているのです。

まとめると、モチベーションは株価同然であり、

予測できないものなのでモチベーションを考えるのをやめましょうということです。

モチベーションなしでどのように継続したらいいのか?

モチベーションなくしてからどうすればいいのか?

そのためにはまず時間が必要ですので自分の時間を確保しましょう。

この時間の使い方が上手か下手でスキルの取得など自己変革の成長率は大きく変わってきます。

時間は平等に持っています。

僕の時間、北川景子さんの時間、ビルゲイツの時間も1秒狂わず平等です。

ですがこの時間の使い方(タイムマネジメント)によってスキルの習得やボリュームに圧倒的な差が出てきます。

そのためにまず時間管理が必要です。

つまり、タイムマネジメントするためにスケジューリングです。

しかし使い方を間違っている人が大多数です。

スケジューリングを予定表だと考えていませんか?

スケジューリングとは行動目標であり自分の目標管理シートでもあります。

例えば、「〜さんと打ち合わせ」「〜さんとご飯」

と行った具合に誰かに会うというスケジュールのつけかたしてませんか?

これだとあまりよくありません。

スケジューリングする上で大切なことは二点です。

・行動をいれる

・タスクごとに制限時間をしっかり管理する

行動を入れる

例えば朝起きて誰かに会うという予定の立て方ではなく

人と会う時間という風に予定を立てるようにしましょう。

これが行動をいれるということです。

カフェにいく時間だとするとカフェで何かをするのを考えるのではなく

とにかくこの時間はカフェにいく時間と言う風に決めて行動するようにしましょう。

何をするか誰に会うかはそれまでに決めれば大丈夫です。

このように行動のスケジュールをとる

もしできなかったら自分の出来なかった予定として消します。

消した=空欄=自分のできなかったことという指標になります。

少しでもこの空欄をなくすことが継続するのが重要です。

そのため自分の目標管理シートでもあり行動表というのがスケジュールなのです。

制限時間について

まずはスケジューリングした時間の通りに動いてみましょう。

サッカーに例えると笛が鳴っているにも関わらずシュートを決めて得点を入れたとしても無得点でありそれはスケジュールでも同じです。

タスクを予定に入れて終わらなかったらそれは終わらなかったということを表し、あなたの負けなのです。

負けたのがダメという考えよりタスクが時間内に終わらなかったという可視化して徹底する考えがまずは大事です。

とにかく時間を生み出す

モチベーションがいらないというのが分かればあとは時間を確保していくだけです。

そのために自分のしている行動を下記の表に当てはめて一度書いてみましょう。

この際に大事なのが重要性緊急性の二つをきっちり分けることが大事です。

例で仮に埋めてみるとこんな感じです。

そして1日に自分がしているタスクをこれに落とし込んでみましょう。

  緊急 緊急でない
重要 クレーム処理
相手に関わる仕事
期限のあるタスク
スキルアップ
健康維持
資料の準備
重要でない 突然の訪問
電話対応
テレビ
飲み会

書けましたか?「緊急で重要」のタスクここが一番問題の部分です。

この部分を減らすことを考えましょう。

増やさないといけないのは重要で緊急でないものでインプット、

などの自己投資を増やさないといけません。

緊急でなくて重要でないタスクこれに関しては今すぐやめるようにしましょう。

居留守なども使っても大丈夫だと思いますので営業の電話などこんなものはフル無視しましょう。

非生産時間でしかないからです。

リンカーンのこんな言葉があります。

8時間で木を切る時間があるなら5時間は斧を研ぐ時間に使う。

リンカーン

そうやってまずは緊急でないけど重要なものにあてる時間を増やしましょう。

これが時間を有効に使えてなおかつ継続スキルにおいて重要なことになります。

時間には2種類ある

・生産時間

・非生産時間

時間には生産性のある生産時間と生産性のない非生産時間の2種類があります。

この2種類の時間の念頭において隙間時間などの非生産時間をうまく使く活用し、非生産時間を徹底的になくすようにしましょう。

メールの返信などは通勤時間でできるのであれば通勤時間で返信するように行動し、非生産時間から生産時間にシフトする必要があります。

そしてデスクにいる貴重な時間もしっかり生産時間にすることが重要になります。

最後に

生み出したものを無駄にしない。

今まで時間を生み出すことを話してきましたが時間を生み出すだけでなくその先もしっかり考えて行動しましょう。

例えば人に会ったのであれば継続的につながる仕組みを考えましょう。

名刺交換ではなくてSNSも教えてもらうなどがいいと思います。

LINEなんて用がないと連絡しないですがSNSの場合はタイムラインなどで相手の記憶に自分の存在を残すことができるからです。

このように仕組みをあらゆる物事に応用してみることも大事かと思います。

そして自分の学んだことをしっかりSNSやブログなどで発信してアウトプットしていくことで全て生み出した生産時間をさらに意味のあるものに変えることができます。

モチベーションのせいになんかしないで自分で自分の仕組みを作ってみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今度はマインドセットについて発信しようかな。

©️竹花貴騎

Takumi

follow me

top
Instagram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう