突然ですがみなさん睡眠をしっかりとっていますか?

良質な睡眠をとることは健康面だけでなく仕事の生産性にも関係してくるんです。

今日はそんなお話をさせていただきます。

最高の睡眠とは?

最高の睡眠

結論から言いますと

寝始めの90分

この一番深い眠りこそが脳みそも体も回復させてくれるのでこの

寝始めの90分このノンレム睡眠がとっても大事なんです。

よく22:00〜2:00がゴールデンタイムということを聞いたことのある人もいるかと思いますが始めの90分なんです。

なぜなら始めの90分が質のいいノンレム睡眠であり自律神経とホルモンのバランスが整えることができるからなんです。

この90分のことを

90分の黄金法則

と言われています。

そもそも私たちは人生のどれぐらいを睡眠時間に使っていると思いますか?

だいたい基本的には人間は1/3は寝ていると言われています。

こう聞くと人生の1/3も寝てるのか…寝すぎじゃない?

って思うかもしれませんがそれは大きな間違いで睡眠をしっかりとることで大きなメリットをもたらしてくれます。

具体的には免疫力を高めたり、成長ホルモンの分泌を促進したり、あと学生の時によく聞いたのが記憶の定着は寝ている間にしてくれているなんていうものもあります。

特に何と言っても仕事のパフォーマンスが上がります。

つまり大げさかもしれませんが人生にも繋がってくると言ってもいいほどです。

他に言い出したらキリがないんですけどそれぐらい睡眠というのはメリットが豊富なんです。

でも皆さん、睡眠について深く考えたり勉強したことはありますか?

実際睡眠について勉強する機会もなければ学ぼうとも思わないと思います。

私もそうでした。

そのせいもあって睡眠に対する知識の不足や誤解で溢れています。

具体的に何をどうすればいいのか?

ノンレム睡眠

始めの90分が大切なのは十分分かったけど実際になにをすればその90分の質のいい睡眠を取ることができるのかについてお話したいと思います。

結論は90分前にお風呂に入るということです。

今日から良質の睡眠をとりたいという方はこれを実践してみて下さい。

湯船に入ってゆっくり浸かってみてください。

ここで大事なのはお風呂に入ってしまうということが重要なんです。

なんでこの寝る90分前がいいのか?これについても説明していきます。

これには

深部体温

というものにヒントが隠されています。

この深部体温ってナンダ?と思いますが

この深部体温は簡単に言うと「体の内部の温度」のことです。

深部体温は日中は朝から夕方に向けて高くなっていき夜から朝にかけて下っていくというリズムがあります。

そしてここに、深い眠りのポイントがあります。

深部体温がぐっと下がるタイミングがあるんですがその時に人間は気持ちのいい深い睡眠が取れるといわれています。

そのために深部体温をさげて下さい。ということです。

そしてそのためにはお風呂に入って下さいという訳なんですよ。

深部体温を下げるのにお風呂に入る?

むしろ逆効果で深部体温が上がるんじゃないか?って思われたかと思います。

まさにその通りです。

入浴することで一時的に深部体温が上昇してしまいます。

ただですね人間の体っていうのはすごい構造になっていて体になにか大きな変化や以上があると元の状態に戻ろうとする性質があるんです。

その成分がホメオスタシスと呼ばれるものです。

そしてこのホメオスタシスの性質を利用するのが最高級の睡眠を取るための大きな鍵になるんです。

お風呂に入ると私たちの体は深部体温が上昇します。そしてその上昇した深部体温を下げようとホメオスタシスが作用して温度を下げてきます。

この深部体温が下がるのにおよそですが90分ほどかかるというデータがあります。

したがって、一気に深部体温が下がることによって眠気が誘発されて深い眠りにつきやすく質の高い睡眠をとることができるのです。

つまり、急な深部体温の低下が眠気を誘発してくれる1つの要因になります。

よく足とか手とかを布団の外に出していると眠たくなったりぐっすり眠れたという経験があるかもしれません。

まさに、この原理でいう深部体温が外に逃げて行って下がっているため眠気が襲ってくるのです。

小学校の時にだれもが経験したことがあるプールなんかもそうです。

泳ぐことで深部体温が上昇します。

そして泳ぎ終わった頃ぐらいから深部体温が下がり始めて眠たくなるのです。

たまに超がつくほどの寒がりの人がいて足を湯たんぽで温めたり靴下を履く人もいると思うんですがあれはあまりよくありません。

なぜなら深部体温を下げようとしているのに逆に熱の逃げ場を失っているからです。

そのためかえって寝つきが悪くなり質の悪い睡眠になってしまうので要注意です。

シャワー派の皆さんは深部体温が上がりにくいので寝る30分とか1時間前とかに調整してください。

深部体温を下げる他の方法

深部体温

入浴以外にも深部体温は下げることが可能です。

その他の方法についていくつか見つけましたので共有させていただきます。

運動

夜にジョギングなどの激しい運動をする人もいると思いますが寝る”ちょっと”前の約3時間前ぐらいには運動を終わらせることが大事です。

また、寝る直前の激しい運動は深部体温が下がりにくく、筋肉痛の原因になったりして眠る妨げになる可能性があります。

ウォーキングなどの軽い運動なら約1〜2時間前でも大丈夫です。

(引用元:有吉祐睡眠クリニック)

食事

夕食を食べる時間は寝る”ちょっと”前の3時間前までに食べるのがいいでしょう。

人によっては空腹では眠りにくい人もいるでしょうが、眠る直前の食事は肥満などの原因にもなります。

またカプサイシンを含む食べ物を食べるのもお風呂に入るのと同じような効果が期待できますが、眠る直前だと深部体温が下がりにくくなってしまいます。

(引用元:有吉祐睡眠クリニック)

とのことでしたので入浴以外で深部体温を下げたい方はぜひお試しください。

まとめ

最高の睡眠は睡眠の寝始め90分間ということです。

そしてその寝始め90分間の質を上げるためには

90分前に入浴すること

こうすることで深部体温を下げていい睡眠をとることができるということでした。

なぜこれほど睡眠が大事かと言うと私たちは人生の1/3も睡眠をしていてこの1/3が残りの人生の2/3に大きく影響を及ぼし睡眠の質を上げるだけで全てにおいてパフォーマンスが工場するということでした。

睡眠の時間についてですがだいたい7時間最低6時間寝るといいと書いてました。

あと始めに少し触れた睡眠のゴールデンタイムについてですがあくまでこれも夜の10時から深夜2時がゴールデンタイムだからその時間帯だけ寝とけば大丈夫というものではありませんのでご注意を。

さらに大事なのは

毎日継続して同じ時間に寝ること

毎日その時間に寝ることが大事でこの時間に寝るという習慣化させることです。

そうすることで体に寝る状態を覚え込ませると最初の90分の眠りが深くなり、睡眠の質をさらに高めることができます。

最後までありがとうございました。

先日このマットレスを買ったのですが睡眠の質が一気に上がりました。

良質な睡眠を取りたい方は是非

Instagramもしてますので良ければフォローしてくださると嬉しいです。

adiós

TAKUMI

follow me

top
Instagram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう