前回はバタフライサーキットの行動パターンを分類させて説明させていただきました。

今回はこのバタフライサーキットをどのように考えて自社の商品やサービスのマーケティングして行く際に落とし込んでいくのかを説明させていただきます。

最終回ですよ!それでは気合い入れていきましょーうっ!

の前に。

バタフライサーキット5つの特徴

バタフライサーキットの5つの特徴について簡単にお話させて。(笑)

1.バタフライ・サーキットは並行して複数のカテゴリーで起こる

例えば旅行について調べているとそれに関連してどんな服を着て行こうなどの楽しい情報探索行動が起こりやすくなります。また、気持ちも緩んでしまうため一気にパルス消費してしまいます。

2.ある商品やサービスのバタフライ・サーキットが完了しようとするとき、それに関連した別のバタフライ・サーキットがはじまる

引っ越しを例に考えるとさまざまな情報探索行動がひと段落したのち、それに関連して椅子や家具、食器などといった関連する事柄のバタフライ・サーキットが発生するということです。そしてこれもまたパルス消費は起こりやすくなります。

3.バタフライ・サーキットは、消費者がその商品やサービスに対してどのような感情をもっているかによって違う

服を例にしてみますと、仕方なく着る服がなくなったから買った人ともともと好きな服を買う人ではバタフライサーキットは全く異なるということです。

逆に服の種類やジャンルなどが大きく異なっていてもその服に対する好きというレベルが同じであれば似たようなバタフライサーキットが発生します。

4.それほど愛着のない商品やサービスであっても、バタフライ・サーキットを完了させると、思わぬ達成感が得られ、その瞬間にその商品やカテゴリーを少し好きになる

これは消耗品のトイレットペーパーなど特にこだわりがない商品でも仕方なしに始まったバタフライサーキットして行く中で情報を収集し、この行動が繰り返されてく中でこだわりや愛着というものがうまれるというものです。

5.ある特定の商品の購入を決心していたにもかかわらず、結局別の商品を購入した場合は、購買行動の過程で当初考えていた商品に関連してネガティブな体験があった可能性がある

帽子を買いにアパレルショップにいったにも関わらず店員さんの服装に対するコメントが本人にとっては不愉快な体験となり結局その店では何も買わず、他の店で初めて見た帽子を買うというものです。

以上が5つのバタフライサーキットの特徴です。

特徴はこのぐらいにおいておいて本題の!

今後のマーケティングはどう変わっていくか

結論から言いますと

「実は大事」を汲み取り、それに寄り添う

これが非常に大事になってきます。

なぜならバタフライサーキットは本人でさえも気づかないうちに外部の影響やモチベーションなどによってモードがオンになり、自覚症状が無い状態から始まるからです。

そしてそれと同時に消費者はうっすらと「こういうのがあればいいなぁ」(願い)

という潜在意識が芽生えているからなんです。

この時にあなたは目の前に

「はいっ。これが欲しかったんだよね(にっこり)」

みたいなのが重要になってくるんです。

恋愛で例えるならぼんやり女性が

「ピアスほしいなぁ」

って思ってた時に

「これ欲しかったんだよね?はいどうぞ」

って言われたどうですか?

惚れてまうやろー!!

状態ですよね?もうまさにこんな感じです。

相手が今何を欲しい(願い)のかをしっかり汲み取ってあげて提示してあげるのがこれからは大事になってくるんです。

消費行動の観点で言い直すと、提示してあげることで消費者は多少の強弱があるにも関わらず自分が欲しかったのはこれだと認識して運命的なものを感じます。

そして一気にパルスしてしまうということです。

だからこそ、このぼんやりした消費者の願いをマーケッターの方達はこれから自社のブランドと関連付けて寄り添えることができるのかというのが腕の見せ所になってくるんです。

ただ、寄り添うだけではダメなんです。

寄り添ってあげて、

「今の私が探してたのはまさにこれかもしれない。」

という運命的な感情を引っ張り出してあげないとダメなんです。

そして、これまでの話からも分かるように今現代のマーケティングは直線型で捉えることも非常に難しくなってきています。

スマートフォンが普及した今極端な話、家の中にいようがどこにいようが大都市ニューヨークにいるのと変わらないようなものなんです。

そう、情報に溢れています。溢れかえっています。

そのため、よく情報に溢れてるからこそ差別化して自社のブランドストーリーを無理やりねじ込もう!みたいな従来の方法ではぶっちゃけ難しいです。

そうではなくて、今この人自身では気づいてないけどその人にとって大事という心理を察してあげる。

消費者対企業というより人対人というような考え方をしないとこの「実は大事を汲み取って寄り添う」を行うことは難しいと思います。

これからのマーケティングにはこのマインドが必要不可欠かなと思いました。

まとめ

バタフライサーキットには5つの特徴の

1.バタフライ・サーキットは並行して複数のカテゴリーで起こる

2.ある商品やサービスのバタフライ・サーキットが完了しようとするとき、それに関連した別のバタフライ・サーキットがはじまる

3.バタフライ・サーキットは、消費者がその商品やサービスに対してどのような感情をもっているかによって違う

4.それほど愛着のない商品やサービスであっても、バタフライ・サーキットを完了させると、思わぬ達成感が得られ、その瞬間にその商品やカテゴリーを少し好きになる

5.ある特定の商品の購入を決心していたにもかかわらず、結局別の商品を購入した場合は、購買行動の過程で当初考えていた商品に関連してネガティブな体験があった可能性がある

そして何より今後マーケティングして行く上で大事なことは

「実は大事」を汲み取り、それに寄り添う

ということでした。

少しでも皆さんのマーケティングのお役に立てると幸いです。

本日は以上です。

面白かった、役に立ったという方はぜひ下のイイネボタン、同僚、知人にシェアしていただけると幸いです。

また、趣味でInstagramも始めましたので

そちらも良ければチェックしてみてください。

adiós


follow me
top
Instagram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう